RICOH GR発表

GRの型番で新モデル登場。

APSサイズのCCD搭載で最小サイズなど、申し分ないできのようだ。
この中で気になったのがクロップモード。35mmサイズのレンズモードでCCDのサイズを縮小して撮影できる。

PENTAXらしさは、過去のレンズが使えるカメラを出すということ。
クロップモードはPENTAXがフルサイズ一眼を発売したとき、APSサイズのレンズを活かす答えだ。
フルサイズでどうなるか、一番の関心はそこにある。

0 件のコメント:

コメントを投稿