Speed Wi-Fi NEXT WiMAX 2+ W01 HWD31SPU

Speed Wi-Fi NEXT WiMAX 2+ W01 HWD31SPU。写真を撮るために端末に向きを変えたので、アンテナ2本の表示。

WiMAXからWiMAX2+へ移行しました。WiMAX2+で実施されている3日3GBのデータ制限が気になっていましたが、制限がかかっても速度は想像していたより酷くないという情報を得たのが一番大きい。今後、制限がかかるとどうなるかは報告します。
W01を選んだのはWiMAXからの移行プランで220M対応の端末はW01しかなかったからです。MVNOの会社ならWX01も選べます。Amazonで見るW01の価格は8000円前後と安く感じました。ベリーが一番安いのに少しショック。タッチパネルのインタフェースが用意されていますが、設定はW01に接続された端末を用意する必要あり。クレードルの接続設定はDHCPを使うかぐらいしかありませんでした。auのSIMカードがついてきます。端末自体はWiMAX2+とauのLTEが同時に使えますが、使えるのは契約しているWiMAX2+が表示。
W01を使用するとアンテナは4本の表示。WiMAXの端末で帯域が絞られる前は2本の表示でした。WiMAX2+で電波の感度はあがっているように見えます。速度制限がかかってない状態でBNRスピードテストで通信速度をはかると10~15Mbps。4本でこんなものかとも思うのですが、220Mbpsの条件を満たしてないのかもしれません。

正直、WiMAX2+への移行はWiMAXの通信条件を変更しておきながら料金そのままですからUQ WiMAXという会社に不信感を抱きました。WiMAX2+へ移行させるにしろ、通信速度はWiMAXと同等でかまいませんからWiMAX2+でWiMAXと同等の契約を強く希望します。あと、WiMAX2+を選ぶにしてもMVNOの料金プランを見た方がいいと感じました。



Speed Wi-Fi NEXT WiMAX 2+ W01 HWD31SPU ベリー

0 件のコメント:

コメントを投稿