スキップしてメイン コンテンツに移動

Android Bazaar and Conference 2016 Spring

Android Bazaar and Conference 2016 Spring。青山学院大学で開催されたABC 2016 Springに参加。受付は6階の注意書きが追加されている。

Google TensorFlowとAndroidが繋がる未来
シーリスの有山圭二さんからTensorFlowを使って眼鏡っ子の画像を学習させた内容を発表。駄目だしとして加学習ではという言葉を学んだ。
Googleの佐藤一憲さんはGoogleが取り組んでいくサービスの説明。GoogleのDataCenterのハード、ソフト面の話があったが、やはりGoogleが凄いのはDataCenterの影響が大きい。どのハードにどんなサービスをさせるとか決まってないそうです。全てコンテナで稼働。機械学習をした結果をAndroidで使うことが可能。

ビッグデータと機械学習が変えるソフトウェア開発
MicroSoftの機械学習の説明。動画を分析するなど機械学習に力をいれているのは分かった。

「さくらのIoT Platform」について
さくらインターネットのIoT Platformの紹介。通信費込みのでデバイスを販売を計画中。収集したデータをオープンで公開するのであれば利用料はデバイスの代金のみ。通信費込みの格安デバイスが出回れば世の中変わるかもしれない。ビジネスモデルとしては面白い。

今年から常識になる、新しいモバイル Web アプリの作り方
Service Workerを使ったWebアプリの説明。ネイティブをとるかWebをとるかの説明含め、いい内容だった。Web表示からHomeへ登録できるのも知らなかった。もう、Webかネイティブかの違いがかなり薄れてきたと感じた。

200万個のBeaconデバイスを自由に使えるIoT社会を目指す新プラットフォームBeacon Bank 〜全体像・使い方・分析例を大公開〜
Beaconのデバイスを共用することで複数のアプリで利用可能にする。面白い。位置情報を利用して検索できるBeaconを切り替えれいるとのこと。データの解析した結果は広告に使う。他社が設置したBeaconを使う場合、設置した会社に対してお金がおちるなど、ビジネスモデルがよくねられていると感じた。

満員のセミナーあり。行きたい内容の時間が重なっている感もあったな。

SharpのRoBoHoN。稼働していました。

セラクのみどりクラウド。箱の中があいていた。

インプレスはAndroidの2冊だけ販売。10%OFFでした。

富士通のカラオケシステム。

コメント

このブログの人気の投稿

りょう二郎 八木店 背脂豚骨醤油ラーメン

りょう二郎 八木店。梅林駅近くにあるラーメン屋です。新店舗だ。メニュー。麺の大盛り無料。二郎ラーメンとは。背脂豚骨醤油ラーメン(860円)。麺の量は標準。ニンニクと背脂の量は変えれるが、全て標準を選択。

煮干しラーメン 麺匠春晴 緑井店 濃厚煮干しつけ麺

煮干しラーメン 麺匠春晴 緑井店。緑井駅近くにあるラーメン屋です。営業時間は11時30分から25時まで。夜遅くまで営業しているのがいいね。入り口の看板。冷やし煮干しらーめん。発券機。瀬戸内煮干しらーめん「麺匠春晴」のこだわり。スープ、麺、引き立て役の説明。味玉入り濃厚煮干しつけ麺(850円)+麺の大盛り(100円)。麺。麺が短い。タレ。大盛りの麺の量に比べ少ない。

麺屋 元武 こってりラーメン

麺屋 元武。鷹野橋電停近くにあるラーメン屋です。2017年6月10日オープン。オープンおめでとうございます。1週間前の6月14日は売り切れ、6月17日は休みでした。メニュー。こってり、無印、あっさりの3種類のラーメン。夜セットメニュー。ラーメンと焼き飯、唐揚げ、餃子のセットを選べます。昼セットもあるのかもしれません。こってりラーメン(700円)+麺大盛(100円)+煮玉子(100円)。麺は細麺。スープはメニューの通りこってりです。