Thermaltake 2016 Summer Event

Thermaltake 2016 Summer Event。ツクモパソコン本店で実施されたイベント。

・本格水冷の説明
水入れの実演はよかった。水入れ後、空気の抜き方、排水するための弁を用意するなどの説明があった。水路に入った空気はケースを傾けることでラジエータ側に移動させる。その後、24時間稼働させ空気をぬく。排水するための便を用意しておかないと、水の交換が大変になる。パイプを曲げる実演、体験あり。水冷のノウハウは動画などで紹介することを検討中とのこと。本格水冷を組みたいと思っている人は期待していいのではないかと思う。

・新製品の紹介
Core P3、RGB仕様のRiing、SPM電源、Tt eSPORTSのマウス、CPUクーラなど。SPM電源は実演あり。リモートでPCの再起動がおこなえる。日本で初お披露目の製品も多く、気合がはいった感じはよかった。

Thermaltake製品の説明を聞けて非常によかった。Thermaltakeのファンは増えると思う。組んだPCのオークションあり。新製品(Core P3)の先行発売あり。特価品の販売あり。ASKの頑張りも感じるな。今後、発売予定の製品とかの説明があるとよかった。

Core P3。新製品。Core P5より小型化されています。水路がRGB仕様になっています。ライザーカードを使用することでビデオカードの設置位置を変更。オプションで複数枚のカードを変更可能とのこと。

Coew G3 Slim。新製品。搭載しているSFXの電源も新製品。いい感じのケースに見えた。

Core P5。SPMの電源を搭載。リモートで電源を操作できるのと、電源に関する情報を取得可能。手前においてあるRGB仕様のRiingが新製品。

0 件のコメント:

コメントを投稿