PENTAX K-1&レンズ スペシャルセミナー

PENTAX K-1&レンズ スペシャルセミナー。岡山で実施されたセミナーに参加しました。覚えている部分だけ書き出し。

・セミナー I 画質への飽くなきこだわり
開発者からの説明。
PENTAXらしさとは青と緑の色合い。風景を撮るのに適している。青と緑に関してはその通り。
リアル・レゾリューション・システムの説明。解像度に効果あり。
カスタムイメージの雅(MIYABI)、リバーサルフィルム、フラットの説明。レタッチ前提でJPEGで撮るのならフラット。
CTEはAWBの効果を強調したもの。
肌色補正で人の肌がよく写るようになった。

・セミナー II レンズの魅力
HD PENTAX-D FA 28-105mmF3.5-5.6ED DC WR
コンパクトな筐体。 F値が暗いので、明るいレンズと一緒に使うのをおすすめ。
HD PENTAX-D FA 15-30mmF2.8ED SDM WR
よく写る。フルサイズで広角ならこれしか選択肢がない。
HD PENTAX-D FA 24-70mmF2.8ED SDM WR
24mmが使いたい人はこれ。
HD PENTAX-D FA 150-450mmF4.5-5.6ED DC AW
1/8秒のシャッターで手持ちしても手ブレしなかった。
HD PENTAX-DA 55-300mmF4.5-6.3ED PLM WR RE
対応したカメラでないと使えない。
smc PENTAX-FA 31mmF1.8AL Limited、 smc PENTAX-FA 43mmF1.9 Limited、 smc PENTAX-FA 77mmF1.8 Limited、 Limitedはレンズキャップが手作業で製造。

古いレンズをカバーするのを神対応と言っているとのこと。これがPENTAXらしさの一つです。

・セミナー III 最新機能を使いこなす
アストロトレイサー、インターバル合成、スマートファンクションなどの説明。アストロトレイサーは最大5分の撮影が可能。

開発者の生の声が聞こえるのはいいね。質問タイムなんかがあるとよかったかも。 セミナーに参加した人の半分ぐらいはK-1ユーザ。ここに来る人はそうかもしれないな。次も岡山でセミナーがあることを期待したい。

ブロワーとストラップが貰えるチケット。

0 件のコメント:

コメントを投稿

人気記事