間違いだらけのHDD選び NAS HDD編

間違いだらけのHDD選び NAS HDD編。オリオスペックで実施されたイベントに参加。
15分ぐらい前に1階に並んだので椅子に座れた。少し見れない人が出るぐらいな状態で満員でした。

開始前(イベントは14時~)にオリオスペックの松田さんから、つくる女(TSUKUMO本店で15時~)には行かせないとのこと(笑)
参加者に対してNAS持っている人と聞いたら9割は持っていた。HDDはWD Redユーザ多し。

今回、比較したHDDはHGST Deskstar NAS 3TB、WD RedPro 3TB、WD Red 3TB、Seagate Enterprise NAS 3TB、Seagate NAS 3TBの5種類。
検証にはレディバウシステムが作成したHDD検証装置を使用。
この装置はread/writeの性能を外周から内周まで測定できる。その結果を比較した。
HDDを少し叩くだけで数値が悪くなるデモ。HDDをマウントされた状態によって数値が異なるのが分かる。
SeagateのHDDは温度によって動作が変わるとのこと。

故障率からすればHGSTが優秀。ベンチマークも悪くなかった。
オリオスペックの松田さんはSeagateを使うとのこと。理由としてはエラー時、すぐにS.M.A.R.T.に表示されるから。HGST、WDともエラー表示されるころは使えなくなる状態に近い。
ただし、自宅で使っているのはSSD(笑)
今回はHDDの耐久性について分からず。

終了予定の15時半を30分オーバー。つくる女に行けず。
結構、盛り上がった。オリオスペックの松田さんの話はいいね。面白い話が聞けてよかった。

0 件のコメント:

コメントを投稿

人気記事